根管治療【ふくざわ歯科クリニック】堺市東区の歯科、土日の診療も

根管治療

根管治療とは、歯の神経にまで虫歯が進行した場合、または歯の内部まで細菌の侵入が認められる場合に行われる治療法です。

当院の根管治療について

歯科の専門機器を用いて根管の掃除と消毒を繰り返します。膿が溜まっているときは特に念入りに行います。これによって歯根内を無菌化させることを目的とします。

根管治療の主な流れ

  1. まずは歯科用レントゲン撮影によって歯根の状態を確認します。これを詳細に検討し、治療方針を決めます。

  2. 次に虫歯の治療を行ないます(虫歯菌に感染されている範囲をきれいに除去していきます。被せ物がある場合はこれを除去します)。

  3. 歯の神経組織を取り除いていきます。膿が溜まっている場合はこれを排出させます。

  4. 根管内をきれいに洗浄し消毒薬を入れます。
    状態によって洗浄消毒に通院回数が必要になる場合があります。

  5. 消毒が終わった根管を最終的な材料で封鎖し、レントゲン撮影いたします。特に問題が生じていない事を確認し、根管治療は完了します。